任意売却について|不動産売却コラム|旭川市全域の不動産売却・査定ならYOUトピアカワムラ

0120-50-3215

営業時間9:30-18:00(水曜定休)

不動産価格の無料査定 売却査定はこちら
無料でプレゼント! 資料請求はこちら

COLUMN 不動産売却コラム

2021/12/14(火)

任意売却について

こんにちは!旭川不動産売却専門店の廣瀨です!最近は本当に“しばれる”が感じられる時期になってきましたね。本当に旭川は寒いです…。

 

さて!本日の内容は任意売却というものについてです。頭の上にはてなマークが浮かんできそうな言葉ですよね(笑)ただ!知っておくととっても便利で、将来実際に役立つことになるかもしれません。では、実際にどういうものなのか解説をしていきます!

 

例えば、予想もしていなかったことが起きてしまって、住宅ローンの支払いが困難になってしまった、滞納をしすぎてしまい、競売で不本意に大切なマイホームを失ってしまう…。そんなことが発生してしまうことはなんとしても避けたいものです。

任意売却の話をする前に、上記の文面にある競売という言葉を先に説明しますね。競売とはどういうことかというと、ローンが支払えなくなった家を強制的に売却されてしまうことです。なので、所有者の意志は反映されず、差し押さえをし、法的な手続きに基づいて行われます。また、通常の不動産会社で行う媒介を通した売却や、これからお話する任意売却に比べて低価格で売却される可能性もあります。先ほどもお伝えした通り、所有者の意志は反映されないので、引っ越しの時期の希望など関係なく退去を迫られることもあるので、経済面のみに収まらず、精神面でも重い負担を感じてしまうかもしれません。

 

では逆に、任意売却のお話をします。通常の売却に近い形で売却を行えるものになります。任意売却は住宅ローンを借りている金融機関の了承を得た上で、所有者の希望条件で一般の市場にて不動産を売却する方法です。本来不動産を売却する際は、引き渡し時点で住宅ローンを完済し、担保として設定された抵当権を解除しなくてはいけません。なので、住宅ローンが売却資金を充ててもなお残ってしまう場合は抵当権が解除できないので、売却そのものが出来なくなってしまいます。

しかし!任意売却においては、売却によって得られた金額で住宅ローンを払いきれない場合も、一定の条件のもとで所有している不動産の抵当権を解除してもらえます。ただ!売却で得た金額が少なければ差額分は引き続き返済が必要になるので注意です。任意売却を行う際は、どこよりも先にまず!金融機関への相談が必要です。それからの流れに関しては下記の様になります。

 

①金融機関に、任意売却の意志があることを相談する。

②不動産会社に査定価格を出してもらう

③金融機関へ査定価格を持参し、任意売却の合意を得る。

④金融機関からの合意が得られると任意売却の販売活動が行えます。

※ここでの注意点ですが、任意売却をすると決めたら速やかに売却活動を始めるのが重要です。時間が経ってしまえば、もちろん不動産の金額も同じとは言えなくなってしまいます。

 

また、任意売却は法的な手続きに基づく強制売却にはならないので、価格においても、引き渡しの時期に関してもしっかり相談をしたうえで決定ができます。競売に比べてずいぶん、自由度が高く、所有者としても精神面でずいぶんプレッシャーやストレスが軽減されます!

また、今後のライフプランを考えるにおいて、例えば、車のローンや次の家の住宅ローンなど、色々な債務が必要になる場合があります。その際に任意売却を行うと、有利に進められる可能性が高くなります。そういった面でも、経済面での苦しさを感じたら、差し押さえが入る前に、早めの任意売却の相談をお勧めいたします。

 

いかがでしたか?実際にとてもシビアなお話になってしまいましたが、今後万が一の自分の人生の流れを考えると、知っておいて損はない情報です!何かあった時に、そういえば!と思い出していただけると幸いです。

まだまだほんの一部の情報ではありますが、もちろん店舗カウイエでもご相談頂けます!

お困りの際はぜひ!カウイエにお越しください!お待ちしております!

 

不動産の査定はコチラからどうぞ!
今なら査定+来場でクオカードプレゼント中です♪

その他の記事を見る